フラボノイド

プロポリスで免疫力向上

プロポリスが体に良いことはよく知られていますが、一番の働きは免疫力を調整してくれることです。
免疫力が低下すると病気になりやすくなります。
季節の変わり目ごとに風邪をひく、忙しくなるとすぐに体調を崩す、という人は免疫力が低下している可能性があります。

家族の中や、学校や職場の仲間といった同じような生活をしている中でも病気になりやすい人となりにくい人がいます。
この差ができる理由の一つが免疫力の違いです。
免疫力が低下してしまうと、体内に侵入したウイルスに体が負けて病気を発症します。
他には、アトピーも免疫力と関係している症状です。
アトピーの場合には、免疫力が過剰に反応して炎症として皮膚に湿疹が出てきます。
プロポリスは免疫力の調整をしてくれるので、このような過剰反応を抑える効果もあります。

免疫力を向上させると風邪をひきにくくなったり、アトピーや花粉症の症状を緩和してくれます。
これだけでも十分嬉しい効果なのですが、他にも効果が感じられる場面があります。
それは、抗酸化作用です。
抗酸化作用とは、簡単に言うと酸化を抑える作用のことです。
体が酸化すると老化につながります。
ですから、プロポリスを飲むことでアンチエイジング効果が得られたり、疲れにくくなります。
また、体が元気になることと同時に心の元気も出て、活発になってきます

この他にもたくさんの効能が発見されています。
抗がん作用や痛みを和らげたり傷の治りを良くしたりする抗炎症作用などが有名です。
プロポリスを飲むことで、体の中の調子を整えるだけでなく、病気になりにくい体になるのです。

プロポリスの摂取の仕方は様々です。
見た目はハチミツに似ていますが、味はハチミツよりももっとクセがあります。
慣れてくれば原液のまま飲んでも大丈夫な人もいますが、多くの人はそのまま飲むのは難しく工夫して飲んでいます。
紅茶やハーブティーに混ぜて飲んだり、ヨーグルトに混ぜたり、自分にとっての摂取しやすい方法を探してみましょう。